シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仮面ライダーセイバー 第21章感想 飛羽真の想いが剣に宿る?!最光エックスソードマンが希望の光やぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

セイバー面白かったな〜

杉原監督っていうのもあるのかな。

飛羽真に思い入れが湧かなかったのは、

剣士として背負うものが見えなかったからかなぁ…

最光が出てきて、テコ入れになってきたので、徐々に面白くなってきたのかな。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第21章「最高に輝け、全身全色フルカラー。」

脚本:長谷川 圭一
監督:杉原 輝昭

@ストーリー感想

メギド達の狙いが示されている…

ようで、わかりづらいのが、物語を淡々と見てしまう原因なんだろうか。

ドグマやヘルヘイムの森みたいな、理不尽な悪意に慣れている自分には、仮面ライダーセイバーの深みがまだ見えてないのかな。

とりあえず、最光のエックスソードマンが、杉原監督の映像美を最大に引き出す要素満載で楽しめました!

ルパパトを彷彿とさせるカメラワークに今後も期待!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク