シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 6話感想 カリスの正体はムッコロさんだす。血も緑色だし…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

こっからだなぁ、少し惹きつけられるストーリーになってきたのは。

剣崎が広瀬さんに、

「人が襲われるたびにそれを痛みに変えろ。

それをバネにしてアンデットを倒すんだと。

俺と一緒にアンデットを倒してくれ!」

と諭す部分がヒーロー然としてました。

カリスの正体はムッコロさんだったとか。

タディーナさん、身体がボドボドだと感じるのは気のせいですとか。

色々面白い要素もありましたが。

そして、伊坂がその本性を表してきました。

この人が出てきて、ようやく仮面ライダーだなと感じますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

06「カリスの正体」

放送日:2004年2月29日

監督:長石 多可男

脚本:今井 詔二

プラントバイオで敵を捕縛し、ヘッドチョップでトドメを刺すカリス。

戦闘慣れしてて、しっかり抗体がある部位を特定し切り離してから必殺技とか強過ぎです。

はい、名シーンですね。

仮面ライダーカリスの正体は相川始ではなく、ムッコロさんです。

天音ちゃんのことになると神出鬼没で現れ、必ず助けます。

そして、キレます。

マカンコウサッポウ打ちます!(ウチマセン)

烏丸所長を狙う連中が剣崎達を襲う。

奮戦虚しく剣崎は捕まってしまう。

伊坂が本性を剥き出して襲いかかる。

人間体でも空中浮遊し、熱弾を発射、ギャレンを圧倒する力は上級そのもの。

ヤベェ奴きたな。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク