シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 26話感想 神々しい黄金の翼 ブレイドジャックフォーム登場!そして、謎の男 嶋 昇とは何者?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

ジャックフォーム来たーー!

フォルムも技も佇まいもカッコいいー!

そして、変身するまでの剣崎の葛藤も描かれていて、テンション上がりましたね。

そして、中盤のキーマン 嶋 昇登場。

彼は烏丸所長の友人にて、アンデットなり。

しかし、嶋は戦いを好まず、このバトルファイトを早く終わらせ、人々の平和を守りたいとのこと。

この嶋さんの存在が中盤から終盤にかけて大きく作用し、ライダー達が戦う意義を導いていくことで物語の面白さがどんどん増していくことになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

26「俺を動かす力」

放送日:2004年7月25日

監督:長石 多可男

脚本:今井 詔二

見よ、この神々しいフォルム!

必殺技 ライトニングスラッシュ時のウィング展開時。

クゥー、カッコ良い!

堪らん!

スポンサードリンク
スポンサードリンク