シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

特命戦隊ゴーバスターズ Mission10感想 リカに打ち明ける熱い想い。それはヒロムの決意であり、ニックの純粋な願いでもあり。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ!@Chikafujiです。

この回はリアタイでも印象深い回でした。

姉のリカが当時受け入れられなくて、、、

でも両親を突然失って、

唯一かつ絶対の弟が戦い巻き込まれていく、

そりゃ拒絶しますよね。

その立場になってしまうとやはりそうなるのかな。。。

だからこそ、ヒロム本人の口から、そして誰よりも2人を見てきたニックの強く、そして何よりも優しい言葉が強く胸に刺さりました。

この辺もしっかりキャラを立てる魅せ方が上手いよな、靖子にゃんは!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Mission10「戦う理由」

放送日:2012年4月29日

脚本:小林 靖子

監督:竹本 昇

@ストーリー感想

姉 リカとしては、大切な弟 ヒロムを失いたくないという、ある意味呪い似た信仰があり、

ヒロムは、義務ではない、目の前で助けを求める声があるから戦う!

そして、いつか両親を亜空間から救う!

という信念があることを強く姉に告げる。

そして、その2人の想いを理解して寄り添い続け、姉 リカからの嫌われ役を一手に引き受けながらもリカにヒロムの真意をわかって欲しいと奔走するニックの姿に胸が詰まります。

それを藤原さんの声で演じられると…

ヒロムの戦う姿を見届けたリカは何も告げずに立ち去る。

ベンチに置かれたスケッチブックには、家族と、家族として受け入れたチーターが描かれていて…

ニックは大喜びとさ。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク