シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 38話感想 真の黒幕、そして真相が明らかに。天王寺とはモロボ… KF4回目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

激アツ回でしたー!

そうか、37・38話は長石監督でしたか。

キングフォームになる続けることでジョーカーに近づき暴走する剣崎、

その剣崎を倒して最強笑を目指す睦月、

「今度は俺の番だ!」

と剣崎を助けようと駆けつける相川始。

騙されても騙されても今度は剣崎のために奔走する橘さん。

ようやく4人ライダーが邂逅する時が来ました。

そして、明かされるアンデット封印が解かれた真相と広瀬義人の衝撃の事実。

このシナリオの流れ、マジで天才ですわ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

38「運命を掴む者」

放送日:2004年10月24日

監督:長石 多可男
脚本:會川 昇

広瀬義人がアンデットの封印を解いたあの日。

天王寺と橘が悲惨な現場に立ち合わせる…

バトルファイトを司るモノリスを前に、

自分が人間じゃないと気付いた広瀬義人と

お前は広瀬義人の記憶を移植したトライアルBではないかと言い放つ天王寺。

マジか!ちょっとよく分かんないっす。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク