シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

NJPW G1 CLIMAX 27 後楽園3日目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

バディファイト Presents G1 CLIMAX 27 後楽園ホール大会3日目

を新日本プロレスワールドで観戦しましたー

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

@タマトンガの反乱に不穏さが爆発?!不穏試合も久々に見て見たい!!



第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

小島 聡 ✖️ - 矢野 通 ○ 
9分12秒  横入り式エビ固め

チェック:

小島選手連敗か・・・

第3世代は星配給役になっちまいそうです。

まあ、チャンピオン3人のうち1人ぐらいから金星を取りそうだけど。

でも、永田選手もそうだけど、小島選手も本当にコンディション調整が素晴らしい。

体の張りや動きが40後半に見えない。

あ、もちろん鈴木選手もさらにグッドシェイプだし。

プロってこの方々を指すんだなと実感。

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

ジュース・ロビンソン ✖️ - “キング・オブ・ダークネス”EVIL ○ 
11分46秒  EVIL→片エビ固め

チェック:

ジュース選手の急速な成長が目覚ましい試合でした。

体の柔軟性に加え、手足の長さと技の正確さ、スタミナも十分と
どんどん長所を押し出せるようになってます。

ただ、EVIL選手は試合巧者であり、流れを一発で変えるパワーも持ち合わせているので、
その牙城を崩すのは容易ではないですね。

今後もタイトル戦線でどんどん組まれそうな良カードでした。

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

鈴木 みのる ○ - SANADA ✖️ 
11分22秒  ゴッチ式パイルドライバー→体固め

チェック:

いやぁこの二人の対決は、全日本プロレスのチャンピオンカーニバル準決勝をフラッシュバックさせましたね〜

あの時はSANADA選手に軍杯が上がりましたが、

今回はきっちり鈴木選手が取りました。

うーん、SANADA選手が取るのではと思ったんですがね・・・

EVIL戦の彼なら取れた気もするが、それを出させなかった鈴木選手が一枚上手だったのかな。

NEVERタイトル戦ででもまた見たいなぁ。

NewImage

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

ケニー・オメガ ○ - タマ・トンガ ✖️ 
11分41秒  片翼の天使→片エビ固め

チェック:

ドロドロ怨念渦巻くBC対決でした〜

レベルが高くて面白い試合だったけど、
私怨に囚われた分タマトンガ選手の動きが単調でしたね。

実況で真壁選手やミラノさんが実に的確にそこを指摘していて、
腑に落ちましたね。

ただ、それ以上にオメガ選手に死角がなさすぎて、ため息ですわ。

NewImage

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

マイケル・エルガン ✖️ - オカダ・カズチカ ○ 
25分49秒  レインメーカー→片エビ固め

チェック:

後楽園ホール大爆発〜〜〜!!!

ここまでやってもオカダ選手からは3カウント取れないのか・・・

驚異的なスタミナと危険技にもしっかり受け身を取ってダメージを軽減しているんだろうな。

ほとんど受け損なうとかないからなぁ。

レインメーカーの攻防はチェーンレスリングの面白さを見せつけるためにも
欠かせないんだけど、リーグ戦ならではの駆け引きも見たいなぁ。

まあ強過ぎる故に要求が高くなりがちなのはわかってますヨォ。。。

星取りを面白くするなら、EVIL選手かタマトンガ選手、ケニー選手あたりにやられそうだな。

スポンサードリンク
スポンサードリンク