シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

超獣戦隊ライブマン 35〜36感想 ケンプ、いや月形剣史は必ずこの手で倒すと夕日と仲間達に誓う勇介…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

焦点は、ケンプ、そしてマゼンタに当たってきました。

この2人はほんと敵幹部ながら、掘り下げ方が丁寧で、徐々に最初の立ち位置から微妙に変わり、人間性もより顕著になっていきますね。

キャラの描き方が魅力的ですわ。

まあ設定には元々なかったようでしょうがないですが、鉄也と純一ももう少し掘り下げがあると感情移入したかもですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

35「勇介とケンプの約束!!」

放送日:1988年10月29日

脚本:藤井 邦夫

監督:東條 昭平

月形剣史との約束の日。

回を重ねるごとに、彼らのエピソードが明らかに。

尚更、友よ、なぜ…

激闘の中、共倒れた際に、

勇介は気を失う剣史を横に、

卓二を、麻理を、多く人を、その手にかけた怪物を殺そうと試みるが…

根本的に分かり合えないと知った勇介は、自分の手で剣史を倒すと仲間達に誓う。

そして、またしても醜態を晒したケンプを助けるビアス様。

ケンプが復讐の心を滾らせる中、ビアス様の向いている先にはケンプはなく、心中は計り知れないのだった…

36「激突! 友情のタックル」

放送日:1988年11月5日

脚本:井上 敏樹

監督:東條 昭平

井上敏樹脚本だったのか!

爽やかな感じもするが、偶像劇としての完成度は流石です。

純一回は相変わらず実はテーマが重い。

ラグビー部の親友ミノルは足の怪我を機にボールに触れるのも怖くなるトラウマを抱えていた。

それにしても純一は学生生活して部活もドップリ浸かりながら、サイファイアーを完成させていたことになるが、天才かよ?!

ヨロイヅノーの頭にラグビーボール爆弾を命中させる純一!

多分、岩船山だと思いますが、このラクビー的な戦闘シーンをどれだけの労力を費やして撮影したんでしょうか?

1話1話の熱量に、その情熱に頭が下がります。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク