シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーアギト 28話感想 それでも生き続けなければならない。逃げ場所なんてどこにもない…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

アギトの中である意味異質な回でした。

まあ靖子にゃんが脚本だしね。

それにしてもてんこ盛り盛りの内容で、

しっかり泣かせて来ますわ。

電車の中では見ちゃダメですね。

ただアギトのストーリーとしては、ちょっと物足りない。

何でだろ?

描写の積み重ね方かななのかな。

むしろ今の平成2期とかゼロワンに近いのかも。

監督:佐藤 健光

脚本:小林 靖子

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

28「あの夏の日」

放送日:2001年8月12日

●シーアーチンロード
エキヌス・ファメリカーレ

雲丹?のアンノウン。
確かにウニみたいな爆弾投げてた!

このシーンに尽きるお話。

何だろなあ。

子供でも気持ちをわかってくれるのは救われます。

自分のために泣いてくれる人なんて、そうはいないよね。

せめて誰かの為に泣ける自分でありたいな。

スポンサードリンク
スポンサードリンク