シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

NJPW  G1 CLIMAX 26  13日目感想 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) 〜オカダがトップ、棚橋も追随〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

遅ればせながらバディファイト Presents G1 CLIMAX 26 13日目 大阪大会を新日本プロレスワールドで観戦しました。

土日は試験勉強+試験があったため、更新が滞ってました。。。
でも追っかけ視聴でも熱さはびんびんに感じてます。

大阪は暑かったし、熱かった!!!!

@第5試合 G1 Aブロック公式戦

SANADA ✖️ ー タマ・トンガ ○

(ガンスタン→片エビ固め)

チェック:

タマちゃんが、残ったー! よし、よしっ!

良いカードでした〜

タマちゃんは格下じゃなくて、トップ戦線に入ってもおかしくないレベルだから!

だからSANADA選手、まだまだいけるよ。今日は初戦の棚橋戦の次に良かったと思う。

コンディションも上がってきてるしさ、ブロック通過はなくなったけど、残り勝ちに行こうよ!

@第6試合 G1 Aブロック公式戦

バッドラック・ファレ ○ ー 真壁刀義 ✖️

(グラネード→片エビ固め)

チェック:

やっぱりファレ選手は推されてるのか?

やっぱり強いのか?

ちょっとわからないっす。

真壁選手は4連勝の後、3連敗か。波が大きいなぁ。

@第7試合 G1 Aブロック公式戦

後藤洋央紀 ○ ー  ✖️ 天山広吉

(GTR→片エビ固め)

チェック:

後藤残ったーーー!

天山選手と因縁のある牛殺し→必殺のGTR炸裂で勝利!

うーん・・・これで天山選手のブロック通過が消えました。

小島選手のあの無念の顔が切ないっす。

天山選手、まだやれるよ!まだ残りもあるし、来年も出場目指そうよ!

それぐらいここまでの試合の天山選手が素晴らしかったんだからさぁ〜

@第8試合 G1 Aブロック公式戦

石井智宏 ○ ー  ✖️  オカダ・カズチカ

(ハイフライフロー→片エビ固め)

チェック:

石井が勝ったーーー!!

結果をなるべく見ないようにして最後まで見てましたが、石井選手が勝つとは思わなかった!!

思わずPCの前で絶叫です。

序盤の石井選手のラリアットで一気にこの試合を決定づけたように思えました。

あれですでに石井選手の土壌に持っていって、オカダ選手のペースを乱しましたね。

まああえてオカダ選手もそうしたかもしれませんが。

そしてポイントはオカダ選手の意識を断つことに絞ったことか。

というかとにかく全てを全力でぶつけて、スタミナ関係なくハイスパートにいった結果ですよね。

特にレインメーカーのカウンターで決めた頭突き

→シットダウン式のツームストンパイルドライバー

→141ラリアット(勝手に命名)

→垂直落下式ブレーンバスターでピンフォールは圧巻です。

オカダ選手の攻略方法の一つとなりうる試合でした〜

いやぁ言葉にすると陳腐だ。

ぜひ一度見てください!

@第9試合 G1 Aブロック公式戦

丸藤正道 ✖️ ー  ○  棚橋弘至

(ハイフライフロー→エビ固め)

チェック:

メインも大爆発ーー!!!

棚、良かったー!サイコー!

新日本プロレス対プロレスリングノアの対抗戦の気配を1番感じた試合でした〜

とにかく両者、プロレスセンスが最高クラスなので、もう攻防がハイレベルすぎ。

虎王とスリングブレイドの掛け合いというか読み合いは最上級だし、それ以外でもお互い相手をよく研究しているのでなかなか技が決まらない。。。

その中で勝敗を分けたのは棚橋選手のスリングブレイドでした。

もうとにかくどんな体勢からでも決めるし、ここぞの切り返し、特に虎王のカウンターで決めたのは素晴らしかった!

その後、ハイフライアタック、ハイフライフローを立て続けに食らうと返せないわ。。。

丸藤選手は惜しかったとしか言えない。間違いなく今シリーズの中でベストの内容でした。

でもまだ残りあるし、ブロック突破も見える。

NOAHの丸藤を見せつけてくれー!

@Aブロックは依然トップはオカダ選手

現時点の星取表は、

10点・・・オカダ選手

8点・・・真壁選手、丸藤選手、棚橋選手、後藤選手、ファレ選手

6点・・・石井選手、タマ選手

脱 落・・・天山選手、SANADA選手

となってます。

いやあ、混戦ですね。8点に5人って。。。
ちなみに残り試合を見ると以下のようになってます。

オカダ選手:ファレ(8/8)、棚橋(8/12)

真 壁選手:後藤(8/8)、石井(8/12)

丸 藤選手:トンガ(8/8)、後藤(8/12)

棚 橋選手:天山(8/8)、オカダ(8/12)

後 藤選手:真壁(8/8)、丸藤(8/12)

ファレ選手:オカダ(8/8)、トンガ(8/12)
どうだろー

やはりファレ選手がオカダ戦で勝つと一気にトップ踊りだす展開かな。

後藤選手は難敵が続くけど、もしかしたら決定戦に行けるかも。

現時点だとやはりAブロック突破のラインは12点(6勝)以上になると思うので、まだまだわかりません!

ってもう今日だ。横浜大会が楽しみすぎ!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク