シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 11話感想 俺は変わった、変わったんだー!闇堕ちした橘さんの目が怖い…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

いやぁーブレイドですねぇ。

仮面ライダーはこうだ!

という頭のネジを外せと言わんばかりの。

実際、単純に偶像劇としては面白いんでね。

ただ、何となくテンポの悪さを感じるんだが。。。

まあ平成2期のテンポに慣れ過ぎなのかもですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

11「各々の居場所」

放送日:2004年4月4日

監督:鈴村 展弘

脚本:宮下 隼一

もずく風呂で気持ちがハイになり、ブレイドに襲いかかるギャレン。

「俺は変わった、変わったんだーー!!」

強くなったというより、橘さんに本気なれない剣崎を一方的に殴ってるだけなんだが。

剣崎の強さの本質は「怒り」だが、橘さんには本気で怒れない。

それにしてもギャレンは近接戦が好きだな。

その手元に銃は飾りなのかーい!

全然記憶になかったんですが、剣崎達と小夜子さんは会ってたんですね。

うーん、もっと早く出会えていれば、、、

もっと一緒に橘さんをサポート出来ていれば…

仮面ライダーゼロワンで闇堕ちが話題になりましたが、元祖はこの人かな。

しかも理由が、アンノウンに誑かされ、洗脳されるという…

しかもそもそもはライダーシステムの不備で弱くなるというトンデモ設定で…

だが、私は謝らない!

目付きが別人だし、いつの間にか

強さの証明=ブレイドを倒すこと

にすり替わっているし。

カテゴリーA スパイダーアンデットが登場。

デザインはぱっと見ジョーカーに見えるのだけど、禍々しさ、不気味さ、明らかにクモ種だなとわかるフォルム、デザインが秀逸ですね。

ポッと出のアンデットかと思いきや、終盤までその凶悪さに…

あれ?

あれれ?

神崎先生ですよね?

サムズアップはされないんですか?

今は小学校の先生から音楽プロデューサーに転身されたんですか???

スポンサードリンク
スポンサードリンク